マイクロ法人

2023年は【iDeCo】から始めませんか?

老後の不安を解消するには
iDeCoがいいって聞いたけど?

一度は耳にしたことのあるのでは

ないでしょうか?

iDeCo(イデコ)という言葉

仕事をしているうちは

生活できているけど

退職したら年金だけで大丈夫

なのでしょうか?

そんな時にこんな言葉が世間を

騒がせました(*_*;

目次

「老後2000万円問題」

2019年8月、金融庁の報告書によると

老後安心した生活を送るには

2,000万円が必要と報道されました( ゚Д゚)

やっぱり年金だけじゃ無理なんだ。。。
2000万円なんてお金どこにもない。。。

そんな皆さんの不安を解消しようと

行きついた制度の一つがこれでした。

iDeCo 個人型確定拠出年金

個人型確定拠出年金という

私的年金制度です。

自営業なら一番にお勧めしたいのは

小規模企業共済というのもあるのですが

iDeCoは会社員や主婦にも勧められる

国が推奨している安心の制度なのです。

iDeCoのメリット

まさしく老後2000万円問題を解消する

ために作られたiDeCo

そのメリットは3つ

  • 掛金が全額所得控除
  • 運用益が非課税
  • 受け取る時も大きな控除

順番に見ていきましょう

掛金全額が所得控除

iDeCoは証券口座をつくって

投資信託を利用して

老後に受け取る資産

を増やしていきます。

掛金全額が所得控除の対象となり、

仮に毎月の掛金が1万円の場合、

所得税(10%)住民税(10%)

とすると

年間24,000円

税金が軽減されます。

自分の老後に貯金している

はずなのに

税金が優遇されるという

凄い制度なのです。

運用益が非課税

iDeCo投資信託運用する事で

掛金を増やしていきます。

本来、投資信託で得た利益

には

約20%の税金がかかり

その分を引いた金額を

受け取ることになります。

しかしiDeCoなら運用益に

税金がかからず再投資されます

このことで増やすチカラが大きくなり

老後資産を増やすことが出来ます。

銀行なら年利0.001%だから
全然増えません( ;∀;)

受け取る時も大きな控除

iDeCoは年金一時金で、

受取方法を選択することができます

金融機関によっては、

年金と一時金を併用することもできます

年金として受け取る場合は「公的年金等控除」

一時金の場合は「退職所得控除」の対象となります。

受け取りにも税金が優遇される 
なんて至れり尽くせりだね~。

iDeCoはどこで売っているの?

そんな優れたiDeCoは 

実は何処でも売っています。

何が違うかというと手数料が違うのです。

投資信託というのは

年利5~6%の利益を取れたら

上々の世界です。

その利益を確保するには

手数料は安い方がいいということ。

手数料(信託報酬)が安く評判が良い

iDeCoを始めるのに最適なのは

SBI証券 楽天証券 この2つのどちらなら間違いない!

普段、買い物などで 楽天 を使わないのであれば

カネオ は SBI証券 がお勧め




まずは

SBI証券 iDeCo 書面申し込み

から始めてみましょう!

後は毎月の掛金を決めて

投資する銘柄を選びます。

元本確保の銘柄もありますが

老後を豊かにしたいなら

外国株式インデックスファンド

NYダウインデックスファンドなどの

海外株式をお勧めします。

商品タイプの海外株式(紫色)が増えやすいのでおすすめ!

もちろん不安もありますが

投資信託は 投資のプロが毎月 

運用商品の見直しを行っているので安心です。

安心して飛び込んでおいで~

最後に

新しいことを始めるのは勇気がいるものです。

でも動き出したその先には

お金の不安のない老後が待っています。

カネオのお得情報3選
も見ていただけると
嬉しいです(*'ω'*)

あわせて読みたい
【iDeCo】運用利回り公開します

SBI証券のiDeCoってどれくらい増えるの?(*'ω'*) 自営業で美容室を営んで16年 国民健康保険での老後が不安になり  SBI証券のiDeCoオリジナルプランに加入して約2年 ついに100万円 ...

続きを見る

あわせて読みたい
【簡単に年金が増える】一つの方法とは?

国民年金に足すとお得な制度があるらしい(*'ω'*) カネオのお得情報 3選 レーシックとコンタクトはどちらがお得? サラリーマンの節税と裏技 NISA運用3か月結果 少しでも参考になると嬉しいです( ...

続きを見る

-マイクロ法人

© 2024 カネオとおかね Powered by AFFINGER5