節約・節税・良コスパ

【iDeCo】【国民年金基金】とは?わかりやすく解説します

自営業なので働けるうちに
老後に備えたいけど
国民年金しか払っていない
。。。

フリーランスだし今は順調だけど
老後の貯えがないから不安だな~

個人事業主フリーランス

会社員と比較すると

一番不安に感じるのが【老後のおかね】

結局、国民年金っていくらもらえるの?

が気になる方はこちらから先に

お読みいただけると嬉しいです(*'ω'*)

↓ ↓ ↓ ↓ ↓

まずはコチラ

目次

【国民年金】満額ならいくらもらえる?

老後2000万円問題って聞いたことあるけど自分は大丈夫かな~(*_*; 国民年金って払っているけど老後いくらもらえるの? 老後のことを考えた時に 必ず出てくる問題は年金問題です(*_*; 自営業やフリ ...

続きを見る

国民年金だけでは無理!

現状、満額でも毎月6万円程度という

国民年金の受給額。。。

さらに高齢化社会に変わっていく日本は

受給額も減っていく予想で

毎月5万円を下回るのも時間の問題です。

今から備えていくためには
一体、から始めたらよい
のでしょうか???

  • 国民年金基金
  • iDeCo

国民年金に加えて備えるべき制度は

この2つですが何が違うのでしょうか???

順番に比較していきましょう(^_-)-☆

国民年金基金とは?

自営業フリーランスの方にむけた

会社員等の方との年金額の差

解消するために創設された

公的な年金制度です(*'ω'*)

国民年金基金連合会

会社員にとっての2階部分である老齢厚生年金

自営業バージョン国民年金基金です(*'ω'*)

最大の特徴は・・・

【 終身年金が基本 】

という事です(*'ω'*)

加入時の年齢やプランに応じた掛金を払えば

老後はずっと一定の金額をもらえる

というメリットがあります

掛金の運用の指示もいらないので
全部お任せできるのも安心ですね(^^♪
(優香)

iDeCoとは?

【個人型拠出年金】という老後資金の名称で

国民年金に上積みする国民年金基金の

さらに上にある3階部分にあたります。

iDeCoは自営業やフリーランスだけでなく誰でも加入できます *'ω'*)

最大の特徴は・・・

【 自分で掛金を運用すること 】

運用する商品金融機関も自分で選んで

運用して増えた額に応じて60歳以降に給付を

受け取ることができます( `ー´)ノ

自分で運用するのが難しいとか
終身年金ではないのがネック
という声もあります(*_*;

両方に加入することも出来る

国民年金基金2階部分

iDeCo3階部分という事は

両方とも合わせて加入すること

もできます(*'ω'*)

掛金月額の68,000円以内であれば
併用できるのはいいですが
配分は迷うところです。。。

最大の問題は掛金の捻出かも?

でも

【毎月68,000円】

って正直ハードルが高いですよね。。。

(*_*;(*_*;(*_*;(*_*;(*_*;

最初のステップとして

最低の掛金

iDeCoは5,000円(1,000円単位)

国民年金基金は1口(年齢で変わる)

【 40歳で約12,000円 50歳で約18,000円 】

もしこの2つに同時に加入するなら

最低でも毎月2~3万円代の掛金が

必要になりますが(*'ω'*)

掛金途中で変更できるので
まずは負担にならずに
払い続ける事ができる額から
始めましょう(#^^#)

掛金は全額所得控除されます

国民年金基金の掛金は 社会保険料控除

iDeCoの掛金は 小規模企業共済等掛金控除

として掛金は全額所得控除されます。

例えば課税所得がおよそ400万円の場合

所得税約20% 住民税約10%として

年間30万円の掛金だと
約9万円の税負担が
軽減します。

国民年金基金の将来の不安・・・

国民年金基金最大の不安は・・・

解散リスクがある事です(*_*;

終身年金が基本であることがネック

なっていて

これからの高齢化社会で年金受給者が

増えるのに新規加入者が減っている点です

このままでは積立金の運用元本が少なく

なって財政面での不安が残ります。

基金が解散した場合の取り扱いについても

パンフレットに記載があるので

解散する可能性はあるかもってことです( ;∀;)

これに関してはこの制度を推進した国が
守る可能性が高そう
ですがリスクがある
ことは否めませんね(@_@;)

まとめ

iDeCo国民年金基金
メリット退職所得控除が使える
自分で運用できる
終身年金が選べる
受取額が決まっている
デメリット自分で運用しないといけないインフレに弱い
解散リスクがあるかも?
どちらにするか迷うところですね(;^ω^)

カネオは国民年金基金には加入せずに
iDeCoのみ加入しています。
掛金を増やしたい方はiDeCoがおすすめ
です(*'ω'*)
運用が簡単なのは、国民年金基金なので
自分が続けやすい方を選びましょう☆

-節約・節税・良コスパ

© 2024 カネオとおかね Powered by AFFINGER5