NISA つみたてNISA 資産運用

【NISA】するなら〇〇〇

【NISA】って耳にするけど結局なに?

そんな方に【NISA】について
考えていきたいと思います(#^.^#)

目次

【NISA】とはなに?

NISAとは、

少額投資非課税制度の略称で、

株式や投資信託などの金融商品

投資をした場合、

これらを売却して得た利益や

受け取った配当に対して

約20%の税金がかかるのですが、

NISA口座(非課税口座)内で、

毎年一定金額の範囲内で購入した場合

には、

その利益や配当に対して課税されない

制度です。

2024年からは、年間投資枠が合計360万円
(うち成長投資枠240万円
つみたて投資枠120万円
に拡大されます。

非課税って?

NISA口座内で、

毎年一定金額の範囲内で

購入した株式や

投資信託などの金融商品に対して、

その利益や配当に対して
課税されない制度です 。

【NISA】のメリットは?

NISAを利用する最大のメリットは、
利益、配当金などを非課税で受け取る
ことができる点です。

通常の投資ならば20.315%分税金で

引かれているところを、

NISAを利用すれば出た利益

そのまま資産化することができます。

NISA口座内であれば、
株式や投資信託などの金融商品
に投資することができます

【NISA】って素人にも出来るの?

NISAは、

少額投資非課税制度の略称で、

投資に関する知識がなくても、

口座を開設して、

金融商品に投資することができます。

ただし、投資にはリスクが伴いますので、
投資に関する知識を身につけることが大切です

投資って怖い?

投資は、
リスクがあるため怖いと感じる人
もいるかもしれません。

しかし、

投資にはリスクがある一方で、

長期的に見れば、

株式や投資信託などの投資商品は、
銀行預金よりも高い利回りを期待できます。

また、投資には、

自分のお金を有効活用することができる

というメリットもあります。

投資を始める前には、
自分自身のリスク許容度を把握し、
適切な商品を選ぶことが大切です。

リスクが少ないインデックス投資

インデックス投資のメリットは、
以下のようになります

  • 株式に対する知識がなくても投資できる
  • 株式投資より少額から始められる
  • 手数料が低め
  • 市場全体への分散投資ができる
  • 高いリターンも期待できる

一方、デメリットとしては、

以下のような点が挙げられます。

個別銘柄で高いリターンを狙うこと
はできません。

年間で5%程度増えれば〇
その分、堅実な投資と言えます。
銀行の500倍は利息がつく
イメージです

インデックス投資なら【つみたてNISA】


NISAをはじめるには、

まずは金融機関のホームページから

口座開設を行います。

口座開設には、

本人確認書類が必要となりますので、

あらかじめ用意しておくことを

おすすめします。

投資に関する知識を身につけることが大切。
投資信託や株式などの金融商品について
学ぶことをおすすめします。

【NISA】始めるならSBI証券が〇

SBI証券は、
NISAに対応している証券会社
の一つです。

SBI証券のNISAには、

一般NISAつみたてNISAがあります。

一般NISAは、

年間非課税投資枠が120万円

まで設定されており、

非課税投資枠から得た運用益や

分配金にかかる税金が非課税です。

つみたてNISAは、

最長5年間の非課税保有期間があります。

SBI証券のつみたてNISAには、

投信マイレージというサービスがあり、

投資信託の月間の平均保有残高に応じて

最大0.25%のポイントが貯まります。

口座開設後は?

SBI証券のNISA口座開設方法は、

ログイン後のメニューから

「NISA・つみたてNISA」を選択し、

「一般NISA/つみたてNISA」

に申し込むボタンをクリックして

手続きを進めることができます。

総合口座を持っている場合は、

総合口座からNISA口座を開設

することもできます

まとめ

NISAは、
仮想通貨やFXなどのギャンブル性が高いもの
ではありません。

みなさんが確実に迎える

老後に対して堅実に

行っていくものです。

おかねの悩みを無くすために
これから一歩踏み出すことを
お勧めします!


-NISA, つみたてNISA, 資産運用

© 2024 カネオとおかね Powered by AFFINGER5