マイクロ法人 個別記事

【マイクロ法人】と合同会社は違う?

そもそも合同会社はどんなものか?
合同会社メリットデメリット
簡単に解説します!


合同会社の設立は無料の

マネーフォワード会社設立

を使うと簡単に行えます↓↓↓

ガイドに沿って進めるだけで
無料で会社設立が可能ですので
ぜひお使いください↓↓↓

目次

合同会社とは?

合同会社は日本では2006年から

新しく設けられた会社の形態

現在では全体のうち約4分の1

占めており徐々に認知度が

高まっています。

まず株式会社の場合、
出資者株主は経営する権利を
必ずしも持つ人ではありません。

しかし合同会社の場合、出資者は必ず
会社の経営する権利を持つ人となり、
出資した人は全員会社の決定権がある
社員となります。

しかし出資した社員が多くなると

意思決定に時間がかかるなど

コントロールが難しくなるため

代表社員を決めます。

これは株式会社の代表取締役社長同じ立場です。


このように合同会社は役職の考え方

が株式会社と少し異なります

続いて株式会社合同会社を比較したときの
合同会社のメリットデメリットを見てみましょう

合同会社のメリット

設立コストが安い

株式会社はざっくり設立費用として
約21万円から25万円の費用がかかります。

それに対して合同会社
約6万円から10万円の費用で
設立が可能で低コスト
設立ができます

事務手続きが楽

続いては事務手続きが楽ですが

株式会社の場合には必要なものが

合同会社では不要です。

一般的な合同会社のデメリット

資金調達方法が限られる

株式会社の場合は、株式いわゆる経営に

意見する権利を渡す代わりとして

資金を調達できますが

合同会社は、そもそも株式がないため

そのような資金調達はできません


国や自治体からの補助金助成金や

銀行からの融資が中心となり

資金調達の範囲が限定されます。

【マイクロ法人】はミニマムな経営をしていくので
資金調達を必要としないため合同会社のデメリット
は関係ないと言えそうです。


社会的信用が薄い

取引先によっては株式会社でないと

契約してもらえなかったり

採用時に応募者が集まらず

良い人材を確保することが難しい

こともあります。


設立当初はポストを優先し

合同会社を設立したとしても

もし途中で株式会社に変えたい

場合は変更も可能です。


変更手続きは開始から終了まで

最低1か月程度の時間と

一般的には10万円程度のお金がかかる

ことは覚えておきましょう。

こちらも【マイクロ法人】で設立する
【合同会社】では関係ないデメリット
と言えます



まとめ

【合同会社】は設立コストも安く

【マイクロ法人】におすすめ

一般的な合同会社のデメリット

【マイクロ法人】に限って言えば

問題ないと思われます。

合同会社の設立マネーフォワードを利用すると
ガイドに沿って進めるだけで無料で完了します
ぜひご活用ください!

-マイクロ法人, 個別記事

© 2024 カネオとおかね Powered by AFFINGER5